音のマルシェ

http://kotomusic.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/4739/2017/12/header20171224094314_986989952.jpghttp://kotomusic.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/4739/2017/12/header20171224094314_279838787.jpghttp://kotomusic.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/4739/2017/12/header20171224094314_356026114.jpghttp://kotomusic.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/4739/2017/12/header20171224094314_510894278.jpg
本日は、南アルプス市若草生涯学習センターにてピアチェーレさん主催の『音のマルシェ』というイベントに出演してきました。
このイベントは、『誰でも気軽に音楽を楽しめる、演奏できる』というのがコンセプト。
故に、出演した楽器はピアノや箏、尺八、サックス、カホン、トランペット、ハーモニカ、エレクトーン、マラカス、と本当に多種多様で。
一度にこんなに沢山の楽器が合わさる会ってなかなかないのでは?!
音楽をする者にとっては、とっても刺激になった1日であったことと思います。

私もお箏で出演しましたが、急遽尺八奏者の一瀬さんにお願いしてThe邦楽 を披露したり、はたまたピアノとセッションしたり、フィナーレはみんなで情熱大陸をセッションしたりと、本当にたくさんの楽器と音を交わせていただきました。

今まで楽器をやっていたけど辞めてしまった、やっているけど披露する場がない、自信が無い、そんな方の為のイベントである『音のマルシェ』。
末永く続いて、そしてもっと多くの人に知って欲しいと心から思います。

南アルプス市出身として、これからも演奏で後押しできれば幸いです。

来年はお弟子さんたちと出演しようかしら^^*
―――

さて、今回嬉しかったのはもうひとつ。
最後にOptimists Saxophone Quartet としてサックスで出演してくれた友人と初めて公の場でセッションできたこと!!
高校生の頃は、普通に同級生の友達で、まさか数年後お互い別々の楽器で道を歩み、こうして音を交わすことになるとは、あの頃は考えてもみませんでした。
そして、quartetの皆さんともお写真を撮れて本当に光栄です。
ありがとうございます。
春から本格的にサックスの道を歩むべく埼玉へ移住する友人と、やっとこうして会えたと思うと嬉しくて、本当に嬉しくて、泣きそうでした。寂しいな。
音楽を本気でやっている彼女は、私の中でずっと友人でもありますが、また特別な人物でもあります。
古くからの友人の中で恐らく初めて真剣に音楽の話ができた人が彼女です。
だからそんな彼女と、友人ではなく、一奏者としてこの場に立てたことが本当に嬉しかったです。

また長くなってしまいましたが、今日はそんな、感動に満ち溢れた1日でした!
改めて、ピアチェーレの皆さん、尺八の一瀬さん、セッションしてくれた皆さん、そしていつも子供たちをみていてくれるお母さん、本当にありがとうございました!

―――

着物は今日はクリスマスにちなみクリスマスカラーにしてみました。
大先生の60年前の着物だそうです(笑)